チョコっとだけお手伝い

アクセスカウンタ

zoom RSS こどもの日

<<   作成日時 : 2011/05/04 17:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0


画像

葉は芳香があり、翌年の新芽が出るまでは古い葉っぱが落ちないのです。ですから柏の葉は「子孫繁栄」を意味する縁起物として用いられるよになりました。
画像


中国では餅だんごを茅(ちがや)の葉で包んだものを粽(ちまき)と言いますが、ちまきには「難を避ける」という縁起てきな意味があるのだそうです。こどもの日は祖先に心を向けて子孫繁栄・無病息災を願った行事になりました。
画像


子供の日が「端午の節句」となったのは、元は中国の古来からの儀式でした。日本では平安時代から。端午の「はし」の意味で、「午」は「うま」つまり端午とは、五月の最初の午の日に行われると言う意味です。

端午に節句は五つの節句のひとつ。

正月・雛祭り・端午の節句・七夕・重陽(菊の節句)です。
当時の五節句は貴族の間の政でした。それぞれ季節の節目の身のけがれをはらう大切な行事として、よもぎ・菖蒲などの薬草を摘みその薬草を臣下に配ったり、悪鬼を退治する為に午から弓矢を射たりしたそうです。
画像

流鏑馬神事(やぶさめしんじ)とは、疾走する馬上からを射る、日本の伝統的な騎射の技術・稽古・儀式で端午の節句の原型のようです。
画像


画像

端午の節句の日に人々は薬湯に浸かり、薬草である菖蒲酒を飲み、その菖蒲で健康と厄除けを願いました。この行事が、後に日本の宮中から鎌倉の武家社会へと拡がりました。
画像

やがて江戸時代に入ると、幕府は5月5日を重要な日として定めます。5月5日には、大名や旗本が式服でお祝い品等を携え、江戸城に出向くようになります。これ以降、武家に男の子が生まれると、門前に馬印や幟(のぼり)を立てて男児誕生を衆々に知らせ、お祝いました。
鯉の滝昇りは、立身出世祈願としてなじみの深い図柄です。

それは古代中国の「急流の滝を登りきる鯉は、登竜門をくぐり、天まで昇って龍になる」という 「登竜門」の故事が元になっており、日本でも立身出世の象徴として盛んに描かれてきました。※こ こでは「滝登りに成功し、天まで昇る」という成功祈願の意味を込め、「滝登り」ではなく「滝昇り」と表記。

鯉の滝登り

江戸初期から、健康だけではなく、子供の立身出世祈願として庶民の間で「鯉の滝昇り」の図柄や吹流しは人気が出たようです。「こいのぼり」を漢字で書くと「鯉 幟」と表記するのはそのような成り立ちに由来しているのかも知れません。
画像


画像

これらの風習が、やがて裕福な庶民へ広がりましたが、一般庶民は、幟旗を立てることは許されていなかったので代わりに盛んに鯉のぼりをあげるようになります。やがて庶民は、端午の節句に、鯉のぼりだけでなく紙の兜や人形を作るようになり、武者人形などに発展していきました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

こどもの日 チョコっとだけお手伝い/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる