チョコっとだけお手伝い

アクセスカウンタ

zoom RSS タウリンいっぱいのイカ

<<   作成日時 : 2010/06/17 12:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0



画像


イカはタウリンを多く含みます。酒の肴の”するめ”の表面に出る白い粉はタウリンが凝縮されたものです。また、タウリンは沈黙の臓器である肝臓を守るので、“お酒の肴にイカ”は昔の人の知恵から生まれました。また神経のネットワークを造る重要な準アミノ酸です。

タウリン配合のドリンク剤のCMで子供から大人まで知らない言葉ではないでしょう。

タウリンは「アミノ酸」のシスチン化合物です(体内で合成されます)

イカの種類でも「こうイカ」が最も豊富です。

イカのマリネ

画像





イカの栄養と滋養効果

イカは、タウリンが多く含まれているので、コレステロールは問題が無く、高タンパク・低脂肪の健康食品です。

肉に比べて、カルシウムは2倍、逆に脂肪は殆ど無いのです。

また、水溶性ビタミンで尿や汗で排泄される、ビタミンB2・B6などが豊富です。


@血液の浄化・肝臓にも良く心臓を強化します。

A高血圧や動脈硬化を防ぐ。

B胆石の生成を防ぎます。

C肝臓の解毒作業を促進し弱った肝機能を回復します。

D細胞膜を安定化し視力の衰えを防ぎます。

E成人病予防に効果的。初期の糖尿病にインシュリンの分泌を促進させます。

Fタウリンはヒトの体内などで胆汁酸と結合し消化作用・神経伝達物質としても作用する重要な物質です。



イカでの食中毒は殆どありません。鮮度に不安があれば、煮物・焼き物にしましょう。
煮物に使う場合は最後の2分に鍋に入れて火を消して煮含めると旨さと柔らかさが出ます。


画像



鮮度の良いものはやはり皮を剥ぎ「刺身」でしょう。揚げ物も破裂を防ぐために剥ぎましょう。しかし、煮物にする場合はイカの種類にもよりますが、コラーゲンの多い身と皮の部分を残して調理しましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

タウリンいっぱいのイカ チョコっとだけお手伝い/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる