チョコっとだけお手伝い

アクセスカウンタ

zoom RSS 貝はグリコーゲンだけじゃない

<<   作成日時 : 2010/09/03 20:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0


画像


グリコーゲンは主に牡蠣を筆頭に貝類・海老や魚にもあります。動物性のレバーにも多くグリコーゲンは脂肪に比べてエネルギーの貯蔵期間は短いのですが、エネルギー代謝には即効性があります。また、貝は海水のミネラル、栄養素を、貝殻の中に閉じこめ調理して食卓に届くまで貝は栄養素の損失が少ないでのす。そして、貝のアミノ酸値は肉類に負けない良質のたんぱく質があります。


貝は種類が10万種以上あるといわれています。

貝は海の栄養を凝縮した生命の体液に近いミネラルを含有しています。
貝は低脂肪で、たんぱく質をはじめ現代人がファーストフードに頼っているために欠乏し易い、亜鉛、ビタミンB群を多く含んでいることです。

たんぱく質を構成するアミノ酸のバランスが肉や魚、牛乳、卵の次に良く消化にも良いです。

貝類は春から夏にかけてが旬です。貝は何と言っても旨み成分です。
複数のアミノ酸が含まれ昆布の旨み成分のグルタミン酸、
日本酒の旨み成分のコハク酸などアサリやシジミ、ハマグリなどの汁にだしが不要です。

寿司などで生食出来る貝も多く日本人の誇るべき栄養素です。

貝類は疲労回復に効果があるタウリンを豊富に含み、ビタミンB12があることです。不足すると悪性貧血にもなる貴重なビタミンB12。ビタミンB12を多く含む貝類は低脂肪&低カロリーです。


画像


鮮度の良い貝を食べましょう。


ノロウイルス・・・・最近よく聞きます。


勿論ノロウイルスは貝だけが媒体ではありません。


ノロウィルスの症状は下痢や嘔吐を繰り返します。
ほとんど経口からの感染と嘔吐物からの空気感染です。
症状は2〜3日で治まります。
特にノロウィルスが発生しやすい時期は11月〜3月なのです。
胃腸風邪と一般にお医者さんが言われるものです。
厳密にいうとおなかの病気です。
しかし・・・通称「胃腸かぜ」なのです。
正確には「感染性胃腸炎」といいます。

勿論、鮮度の問題だけではありません。念のために


画像



鮎など魚にもグリコーゲンを含んだ魚も多いのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

貝はグリコーゲンだけじゃない チョコっとだけお手伝い/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる