スープの中にコラーゲン


画像

コラーゲンを配合の化粧品が最近多いのですが、コラーゲンを保湿剤として潤わす利用なら価値がありますが、現在の研究ではコラーゲン成分が「肌や皮下に吸収され利用されることは在り得ない」ようです。化粧品として「コラーゲン成分」そのものを吸収し肌への美容効果にする場合は浸透しません。コラーゲンは「飲食」で摂取しましょう。
画像


コラーゲンを含んだ食品は、ゼラチンのほか鶏の皮や骨、軟骨、手羽先、豚皮、豚足、豚耳を使ったスープ中にはコラーゲンがたっぷり入っています。鶏の皮ならいつも使う家庭が多いでしょう。鍋物の残りにも雑炊などにしてたぷりとコラーゲンを摂って下さい。コラーゲンは皮膚からは摂取できないのです。


画像



コラーゲン化粧品の皮膚への吸収はまだ未踏の世界です。
保湿効果としての化粧品として利用してください
画像


スープの中のコラーゲンを利用しましょう。しかし旨味成分はプリン体でもあります。摂り過ぎた場合は水分を多く摂りましょう。
画像


画像


口から摂らないと効果の無いコラーゲンです。サプリメントは成分表どうり体内で成分がどのくらい個々の体内で吸収され利用されるのかは余り分かっていません。鎮痛薬のように飲めば治るものではなく個人の体に合えば長期の摂取で美容効果だ出るかが大事でしょう。