テーマ:育児

端午の節句

端午の節句は菖蒲の節句とも呼ばれます。これは菖蒲が尚武(しょうぶ、武道・武勇を重んじること)に音が通じるところから、江戸時代になると、この日は男の子の成長を祝う日とされました。 菖蒲湯に入る行事も古代中国で生まれたものです。中国では5月5日は悪日で、悪事災難を逃れるため人々は野外で薬草を摘んだり、さまざまな野遊びをして過ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こどもの日

葉は芳香があり、翌年の新芽が出るまでは古い葉っぱが落ちないのです。ですから柏の葉は「子孫繁栄」を意味する縁起物として用いられるよになりました。 中国では餅だんごを茅(ちがや)の葉で包んだものを粽(ちまき)と言いますが、ちまきには「難を避ける」という縁起てきな意味があるのだそうです。こどもの日は祖先に心を向けて子孫繁栄・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨウ素と放射性ヨウ素

ヨウ素は特に乳幼児には甲状腺ホルモンを体内で合成するには不可欠な元素です。原発災害の後によく聞く「放射性ヨウ素」は自然界には本来存在しないものです。私は放射能には無知ですが、ヨウ素と放射性ヨウ素は全く別なものであるということはハッキリしています。 ヨウ素は元素記号53「I」です。放射性ヨウ素はTVで半減期とか、残存しないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さい大人じゃない幼児

大人には滋養食品となるものでも幼児や成長期の児童には成長を阻害する食品があります。食物繊維の摂り過ぎ,特に繊維のドリンク剤です。食物繊維6g、ビタミンC 300mgと表示されビタミンCも手軽に摂れるため愛用されています。熟年の方には使用量を守れば良いものです。 野菜や根菜類で摂取する場合は摂り過ぎということは余りありません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供の食生活

生活習慣は子供の時が重要です。舌は幼児時代に決まります。概ね小学低学年の時期には嗜好が決まります。しかし反対にその時期は簡単に良い躾が出来る時期でもあるのです。アメリカ・オレゴン州霊長類研究所は猿による実験をしています。一方は非栄養食(ビタミン・無機質が殆どないもの)と高カロリーを与えた猿。もう一方は粗食で栄養価の高いもの(米なら玄米を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食習慣で変わる体質

戦後の日本人の食生活で体型や体質までも変化させた代表が牛乳です。 農耕民族の日本人(東洋人)は小腸粘膜に「乳糖」を分解する酵素を持っていない人が8割位いました。現在はその症状を「乳糖不耐症」といいますが病名では有りません。多くの日本人はお米が主食で大豆などでタンパク質を摂っていた時代は乳糖分解酵素を体内で造り出す事が出来ません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

塩ケーキ

離乳期からの舌が憶えた味は生涯の嗜好に大きな影響を与えます。特に甘味は乳幼児の舌が容易に憶えます。緑黄色野菜、特に葉物はお米で炊飯するには合いません。今話題の青汁の濾した葉っぱを利用した半生の「塩ケーキ」は簡単なカロリーメイト並みの代用食になります。薄い「塩味ケーキ」は淡白で好まれます。 緑黄色野菜は冷蔵庫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利用データー量

昨年5月からブログを開設しました。データー使用量の限度量が限られてきました。一年はこのブログを使いたいと思います。今年5月までは「栄養」「治療食」などのワンポイント・アドバイスを開設します。もしも何が知りたいが事などがお有りで、お力になれればですが・・・メッセージ欄からどうぞ。 栄養は摂りすぎても、不足も困る問題で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天然といえばやはり「母乳」

赤ちゃんにとって健康な母親の「母乳は最良の栄養」なのです。戦後の団塊世代の出産以降、粉ミルクのTVコマーチャルは許されていました。あたかも母乳より粉ミルクの方が赤ちゃんに優れた栄養が摂れると多くの母親が錯覚するほどでした。当時のTVの影響力は強く戦後のベビーブーマー世代を混乱させました。医師から「母乳を与えてください」と云わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more