テーマ:ミネラル

りんごの果皮に栄養

冬に雪国となる東北や長野県などでは、古来から野菜の塩蔵が冬の野菜確保の知恵ある食文化でした。そのために高血圧が他県より多いのです。しかし「りんご」を良く食べる家庭やりんご農家には高血圧が極めて少ないのは今に始まった事ではありません。利尿作用のあるカリウムを林檎から日常摂取しているのです。りんごには栄養素に加えて数多くの抗酸化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お腹の砂はらい

コンニャクは「お腹の掃除」をしてくれる優れものです。昔から「お腹の砂はらい」といわれるように、コンニャク芋のグルコマンナンは口から腸まで消化されないまま到達します。その消化しない優秀な食物繊維を含有しています。しかし、コンニャクダイエットを続けたことで栄養失調となった例もあります。 山芋も量で「こん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひじきとある情報

ひじきはカルシウムと鉄分が極めて豊富です。 ひじきのカルシウムは干し椎茸と煮炊きすれば吸収率がアップし骨太の健康な肉体を支え骨粗しょう症になりにくい骨を造ります。 ひじきと無機砒素の問題 約6年前にイギリス食品規格庁が国民にヒジキを食べないよう勧告したことがあります。 無比砒素を含有するというものでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梨の黄金バランス

梨の栄養素は特に目立ったものは無いのですが、クエン酸・アスパラギン酸・カリウムのバランスがとても良いことです。梨には隠れた黄金バランスがあります。それが猛暑でバテた肉体に優れた水分補給と吸収効果があり疲労回復にスバヤイ効果があります。 黄金バランスの梨 利尿効果にはカリウム←誰もが知ってるミネラルです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お盆のご馳走「刺し身」

サバ・アジ・イワシなどのような青い魚のことを「光もの」といいます。これは、魚が青く光って見える事からの呼び名ですが、実は栄養成分の面でも優秀な「光もの」といえます。昨今「味覚障害」が話題になっていました。亜鉛不足からのようです。 亜鉛の不足は、味覚異常のほかに、生殖機能や、免疫機能の低下、成長障害、皮膚障害などさまざま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チーズの栄養

チーズのたんぱく質、ビタミンA、脂質は牛乳の約7倍、カルシウムは約6倍、ビタミンB2は約2倍含まれています 乳酸菌と酵素で牛乳を発酵させるナチュラルチーズは、腸内でビフィズス菌などの善玉菌を増やすなどの「整腸作用」があります。 しかし乳酸菌・カビ・細菌の種類で様々なチーズがあり栄養もそれぞれですが基本的には上記の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白菜のミネラル・バランス

白菜にはビタミンC・カルシウム、カリウム・マグネシウムがあり、イソチオシアネートという苦味成分は、消化をよくする作用や、血栓ができるのを防ぐ効果が認められています。また、白菜はキムチや白菜漬に合うミネラル・バランスの野菜です。 キムチや漬物に何故合うのでしょうか? 塩や唐辛子をよく使うキムチや白菜漬はナゼ塩分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たこ  亜鉛の底力

たこはイカと同じように「タウリン」が豊富です。現代社会問題となってる「味覚障害」には欠かせないのが亜鉛です。魚介類に多いのですが「たこ」は特別豊富です。また、亜鉛は食べ物に含まれる有害な重金属を体外排出する優秀な栄養素でもあります。 亜鉛の働きは、口にした食べ物の味覚を舌から脳に伝える作業がよく知られています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足りた事がない「命の栄養素」

日本の栄養統計が始まってから、飽食の現代になっても、一度も必要量を適えていない栄養素があります。それが「カルシュウム」なのです。サプリメントを摂って満足していませんか?それが必ず体の中で「カルシュウム」になっていない可能性が大きいのです。ナゼでしょうか? ①カルシュウムは99%が骨を形成しています。そして同時に99…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちりめんじゃこ (小女子)

日本人の豊富なカルシューム源「ちりめんじゃこ」とはいわしの稚魚です。血液の流れを良くするEPA(エイコサペンタエン酸)脳を活発にするDHA(ドコサヘキサエン酸)が優れています。 体長の小さなものを「ちりめんじゃこ」大きく身が銀色の光沢が出たものを「かえり」・その中間を「かちり」といいます。 土地・地方によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルシュウム豊富な芋のデザート タピオカ

芋のデザートとして特に夏によく利用されます。タピオカは、キャッサバの根です。南米原産の「芋」ですが、カルシュウム・カリウムが豊富な澱粉質です。タピオカはココナッツ・ミルクがポピュラーですが、ドレッシングなど使い甘くないデザートとしても利用してください。 タピオカは粒状・粉末状があり数分煮ると透明な糊状消化・吸収が良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三日天下の小さな巨人☆さくらんぼ

桜が散り実がなるさくらんぼの季節。さくらんぼは小さな実に微量必須栄養素がバランスよく含まれまが、実を採って一日毎に鮮度が落ち栄養も時間との勝負です。3~4日で消滅します。 サクランボにはビタミンCを初めとしてビタミンB群、カロテン、カルシュウム等のミネラル・バランスは優秀です。 クエン酸、りんご酸、コハク酸などの有機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケールに次ぐ小松菜のカルシュウム

ミルクを飲み”下痢”される方が多いのですが、小松菜は野菜の中の”カルシュウム優等生”です。 (ミルクと下痢の因果関係は後日記載します) その点小松菜は最近話題の”ケール”に次ぐカルシュウム供給源となる野菜です。昔から、日本人のカルシュウム補給に大いに貢献してきました。 小松菜はほうれん草に比べ吸収され易…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆布と長寿沖縄コネクション

北海道産の昆布が何故沖縄で消費されていたのか? 数年前「沖縄の長寿」研究を探る番組で「昆布」が全国区となり有名になりました。 かつて「薩摩藩」と「富山藩」のコネクションで沖縄から中国へ貿易されていた「昆布」は明治維新時代から「琉球国」である沖縄県民の一般家庭の食卓に普通に出される”おかず”となりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more