テーマ:50代以上のblog

1年間有難うございました。

「ちょこっとだけお手伝い」は昨年、5月22日が誕生日でした。多くの皆様にご覧頂き感謝申し上げます。データ使用量も限度量となりました。「アイコの種から実りまで」は「ちょこっとだけお手伝い(Ⅱ)」を編集して載せさせて頂きます。 http://86536678.at.webry.info/   「ちょこっとだけお手伝い(Ⅱ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペパーミント(2) 虫よけスプレー

アロマ効果のあるハーブ。中でも誰もが知ってる「ペパーミント」は湿度の多い日本に合ったシソ科のハーブです。雑草のように手入れがあまり要らない植物です。挿し木・挿し芽も簡単です。挿し芽をして薄暗い湿気のある場所に放って置きます。徐々に姿勢が起立してきた頃には半日影に置きましょう。どんどん増えます。お茶にも夏場には合いますが、濃度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイコ(15) うさぎとかめ

あの大雨から穏やかな気温の上昇と薄日や快晴の数日でした。成長が目覚ましくなりました。鉢から蒔いたアイコの種がようやくホームセンターの苗以上に生育してきました。鉢蒔きのアイコの根である「土台は良好」です。しっかりしてきました。 鉢から蒔いたアイコの種は初めは置き場所を取り不便です。そして最初のうちは、ポット蒔きの方が生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抗菌・蚊が嫌うペパーミントの葉

この地方では遅くとも6月頃蒔き時でしたが、咋年、8月に蒔いた「ペパーミントの種」が五月になり生育が著しくなりました。ペパーミントは薬効成分があり、オイルやお茶としても市販されています。葉には消臭・抗菌・冷却・消毒・かゆみを取る効果があります。又鎮咳作用もあるようです。戦後、ペニシリンが無い時には有効な結核抗菌剤に使用していたよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイコ(14)恵みの太陽光

四日間の豪雨の後の二日間は、晴れ時々曇りでした。ここは強風が吹き、支柱でアイコを支えて太陽光をいっぱい浴びたので一日でよく成長しました。根元の茎が太くなり色も変わってきました。葉も大きく枝分かれしています。産毛の状態を観ながら、今日でもスプレーで水を土に向けて少量かけました。恵みの太陽に感謝。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かもめの玉子

今日は偶然行った、近くのスーパーで岩手・宮城・福島の物産展を開催していました。「かもめの玉子」も売っていました。斉藤製菓の二度の津波災害からの奇跡的な工場復興ドキュメンタリーをTVで観てから知った銘菓です。販売員も岩手県の方でした。以下は斉藤成果の奇跡の物語を紹介したURLです。 http://www.saitoseika.c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食から改善するエネルギー問題

節電の前には地球環境問題があり、二酸化炭素を出さないという問題でサステイナビリティーの研究がされてきました。(sustainability)限りある化石エネルギーに依存しない、「将来にわたり、ずっと持続出来るエネルギー」問題です。俄かに東日本大震災で原発事故があり、各家庭が好むと好まざるとに関わらず節電を受け入れる事となりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイコ(13) 復活したのですが・・・

アイコが枯れた朝でした。我が家で使用している、観葉植物用の「ハイドロカルチャー」と「ゼオライト」(この用語は福島原発でよく聞きますね)ゼオライトは根腐れ防止剤として使っています。その2種類をコップに入れて、アイコの「根」が1/3くらい浸る程度に水を入れます。そして暗い場所に置いて、茎や葉に張りが出てきたので、南の窓辺に置きました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイコ(12)根性のない苗に

「根」という漢字は「根こそぎ」「根本」「根拠」「性根」根気」などなど物事の基本となる漢字に使われます。植物の根は、まさに基礎になる、おおもとです。昨日の大雨でアイコの間引きした「苗」の一個が弱っていたのです。カバーで覆っていましたが、多分大雨で何処からか雨が入って苗を支える土壌がゆるんでいたのだと思います。今朝、枯れていました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暴風雨で室内へ アイコ(11)

昨日から暴風雨かしらと思うくらいの大雨と風です。天気予報では沖縄の台風が温かく湿った空気を刺激したとの事。レンジ・カバーよりも容量の大きなシール容器を被せ、透明ビニール袋で覆っていた「アイコ」でしたが、危うい気配です。小雨の時に室内に移動しました。深い鉢の苗の生育も良かったのです。これからの季節は梅雨もあります。苗の状態は茎や葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイコ(10)茎の産毛

アイコの茎に生える産毛をしっかり見つけることが出来ました。産毛は水分が多いと生えません。今のところ風雨時の管理が出来ているようで安心しました。「アイコ」の種からの栽培は素人には難しい様です。ナス科のトマトの産毛は空気中の湿気から水分を補給する大事な役目です。水と多肥で苗まで育たない事が多いのです。また、苗になっても水は極力控えましょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立夏と梅干しや酢

名古屋は例年に比べて27年ぶりに立夏の前に夏日が無い年になったそうです。このゴールデン・ウイークに家庭菜園をされた方々は寒さと陽光に敏感になってるでしょう。立夏を過ぎたと同時に必ず食べるといいものがあります。塩梅の良い梅干しです。毎朝がお薦めです。この梅干しのスッパさはレモンなどの柑橘類に多く含まれるクエン酸です。梅干しのクエン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイコ(9)九日ぶりの太陽

今日は快晴とはいかないまでも、晴れ時々曇りの黄砂も余り無い、九日ぶりの「太陽」でした。アイコは太陽のある朝と夕方では顕著な生育の差が出るほど、「太陽光は植物には肥料以上の栄養」です。アイコは苗も背が高くなりました。次第にアイコを販売しているホーム・センターくらいの大きさの苗になっていくでしょう。水やりを極力抑えて肥料を少なめに追…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別な「子供の日」

今日は特別なこどもの日です。被災地の子供たちが、この東日本大震災の逆境を乗り越える力となるように私たちは言葉だけではなく、これからも長期に渡り、日々募金・物資の支援・ボランティア活動等など。継続していきましょう。 Do it !!! 赤十字の募金箱は信頼ある確実な募金箱です。毎日かならず小銭を募金しています。 災…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

端午の節句

端午の節句は菖蒲の節句とも呼ばれます。これは菖蒲が尚武(しょうぶ、武道・武勇を重んじること)に音が通じるところから、江戸時代になると、この日は男の子の成長を祝う日とされました。 菖蒲湯に入る行事も古代中国で生まれたものです。中国では5月5日は悪日で、悪事災難を逃れるため人々は野外で薬草を摘んだり、さまざまな野遊びをして過ご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こどもの日

葉は芳香があり、翌年の新芽が出るまでは古い葉っぱが落ちないのです。ですから柏の葉は「子孫繁栄」を意味する縁起物として用いられるよになりました。 中国では餅だんごを茅(ちがや)の葉で包んだものを粽(ちまき)と言いますが、ちまきには「難を避ける」という縁起てきな意味があるのだそうです。こどもの日は祖先に心を向けて子孫繁栄・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄砂がすごい

先週から晴れた日が全く無く天気予報が間違ってると思っていました。昨日の天気予報でハッキリ判りました。黄砂の影響です。快晴でも霞がかかったようになり遮光されていることが判りました。我が家のトップから名古屋ドームはよく見えますが昨日も今日も太陽は全く見えません。 週末までは雨の日ばかりでした。 間引きした「アイコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちらし寿司のふんわり卵

来客があり、産地直送のまぐろを頂きました。名古屋では冷凍物が殆どです。産直はやはり美味でした。ゴールデン・ウィークの来客には「ありのまま」が良いです。簡単で手間が掛からないものが、お互い疲れないですね。まぐろ・ホウレン草・アボガド等を添えます。海苔巻きはお好きなものを巻きましょう。これは中心は小豆を入れた米を使い納豆やホウレン草…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイコ(8)苗の赤ちゃん誕生

今週は快晴の日は一日もありませんでした。曇りで降水確率が20%くらいでも、突然に、横なぐりの大雨になったり、安心して出かけられない日々でした。 今週の初め頃。天気予報は「曇り」しかし雨雲が西から・・・・外出時にはレンジ・カバーを被せて出ます。 苗の赤ちゃんらしい姿になりました。背も高くなり風が吹くと心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オレンジで節約アイデア

オレンジの皮の使い方でデオドラント効果・洗剤・マーマレード等多種多様に有効利用できます。 かんきつ類の皮は殺菌作用・デオドラント効果・芳香成分はセラピー効果もあります。かんきつ類の皮をそのまま台所のステンレスを磨けばピカピナになります。バスクリンの空き容器に入れたら「まるでバスクリン」になりました。 リモネンとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

順風満帆はない「人生」

アメリカ・大リーグのレッド・ソックス「松坂」は昨年は全く勝ち星から遠ざかっていました。今年の開幕近くになると地元紙は「レッド・ソックスのチケットを持ってるファンが観に行った日に松坂が登板なら失望するだろう」と書き上げていました。今年は昨年よりもスプリング・キャンプから好調だったようです。しかし、開幕後からは2連敗でした。防御率1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野菜の「土壌」

農家の方々は「土」が肝心だと云われます。私も家庭菜園を初めた時は野菜用培養土を使いました。初心者の方は、培養土は購入された方が良いでしょう。初めての家庭菜園は「野菜を買った方が安価だ」と感じるものです。しかし一旦憶えると楽しいもの。トマトの場合でもわき芽を摘みポットに入れて苗として育てられます。方法によっては種から、「ねずみ算」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイコ(7)・重要な「鉢の大きさ」

民放ですが、「ゴールデン・ウイークをどう過ごすか?」の問いに対して、「家庭菜園に取り組む」と答えた方が去年の二倍多かったことは、「やはり」と思いました。アイコは昨年、鉢栽培をしましたが、大きな鉢よりも小ぶりの鉢の方が実の数・実の大きさや甘さも優秀でした。植物は縦に根を張るもの、横に根を張るなど、根の張り方が違うようです。私は全く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アイコ」(6) 花も嵐も踏み越えて

昨夜の天気予報では、明け方からの大雨と寒さを予報されていたので「アイコ」はレンジ・カバーを被せ、開封自在のテープで留めて上から透明ビニールで覆っていました。朝の5時半にはザーザー降りの時々突風がある大雨でした。 ポットに挿し芽をしたものにもカバーを被せて置きました。 芽はやや元気がないですが、午後から晴れるようで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイコと天気(5)

茎もやや厚くなってきました。陽光のある日には朝夕で成長が著しくなってきました。今週はアイコにとってお天気に恵まれない週でした。快晴は殆どなく時折激しい雨と曇天が多い日々。水は殆ど与えませんでした。アイコには極力水分は控えます。カラカラのように見える表土ですが、根が這った土には水分があります。外気には湿気もあり、水は軽くスプレーする程…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨウ素と放射性ヨウ素

ヨウ素は特に乳幼児には甲状腺ホルモンを体内で合成するには不可欠な元素です。原発災害の後によく聞く「放射性ヨウ素」は自然界には本来存在しないものです。私は放射能には無知ですが、ヨウ素と放射性ヨウ素は全く別なものであるということはハッキリしています。 ヨウ素は元素記号53「I」です。放射性ヨウ素はTVで半減期とか、残存しないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さい大人じゃない幼児

大人には滋養食品となるものでも幼児や成長期の児童には成長を阻害する食品があります。食物繊維の摂り過ぎ,特に繊維のドリンク剤です。食物繊維6g、ビタミンC 300mgと表示されビタミンCも手軽に摂れるため愛用されています。熟年の方には使用量を守れば良いものです。 野菜や根菜類で摂取する場合は摂り過ぎということは余りありません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイコの管理(4)

今日は被災地もみぞれまじりの荒天でした。被災者の方々は体育館の寒さに耐えながら暮らしてみえます。頭が下がります。名古屋も季節外れの雷雨です。昨日との温度差は12~13度ですが、時折,激しい強風と豪雨で。冬に戻った寒い一日でした。アイコは発芽してから温度管理と水分管理は重要です。ミニ・トマトでもアイコは特にデリケートですから水分が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供の食生活

生活習慣は子供の時が重要です。舌は幼児時代に決まります。概ね小学低学年の時期には嗜好が決まります。しかし反対にその時期は簡単に良い躾が出来る時期でもあるのです。アメリカ・オレゴン州霊長類研究所は猿による実験をしています。一方は非栄養食(ビタミン・無機質が殆どないもの)と高カロリーを与えた猿。もう一方は粗食で栄養価の高いもの(米なら玄米を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイコの生育(3)

4月13日にアイコの種まきをしてから約2週間です。可愛い発芽は肉眼でハッキリ観えてきました。透明のゴミ袋は夜中にはまだ欠かさずに「簡易温室」として暖かさを保っています。 どの芽が発育がいいのかはまだ分かりません。アイコの芽の間引きはまだ先です。 風も無い温暖な日です。室外が20度以上ある場合は夜明けからゴミ袋の温室から出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more